オフィスデザインが与える効果とは?メリットとおしゃれなオフィスを紹介

皆さんは、オフィスデザインが与えるメリットと重要性について考えたことはありますか?この記事ではオフィスデザインのメリットだけでなく、設計方法や最新のトレンドオフィスデザインの事例について紹介します。

オフィスデザインにこだわる目的

オフィスデザインとは、オフィスレイアウトの導線を設計し、装飾や内装を整えること。まず第一に、オフィスデザインにこだわることでどのようなメリットが得られるのか紹介します。

生産性の向上

生産性を向上させるためには、オフィスを整えて職場環境を改善することが重要です。現在の業務内容や社員編成に応じてオフィスデザインを設計することで、多くの社員のストレス緩和や創造性の向上につながる効果が期待できます。

生産性の向上についてはこちらの記事でも紹介しています。

社内コミュニケーションの活性化

オフィスデザインを工夫し、レイアウトを変更することで社員同士のコミュニケーション活性化に期待できます。社員同士が集まりたくなるようなコミュニケーションスペースの作成や、オフィスカフェを作ることにより、普段関わることがない社員同士のコミュニケーションも生まれやすくなります。

従業員エンゲージメントの向上

従業員エンゲージメントとは、社員が会社に対して深い関心を持ち、自らの意志で積極的に貢献しようとする意識を指します。社員一人ひとりが「この会社で働けて良かった」と感じ、誇りを持って仕事に取り組むことで、組織全体のパフォーマンス向上や企業文化の成長、企業ブランドのイメージ向上につながることも期待できるでしょう。

自社に最適なオフィスを設計するには?デザイン決めのコツ

オフィスデザインがもたらすメリットについて紹介しました。では、どうやってオフィスデザインを決めたらよいのか紹介します。

社員へのヒアリング

現状のオフィス環境に不満がないか、社員一人ひとりへヒアリングしてみることがおすすめです。多くの社員へアンケートやサーベイを取り、オフィスデザインへ反映することで、より帰属意識が高まります。新しいオフィスデザインもスムーズに受け入れられることでしょう。

コンセプトを明確にする

社員へ実施したアンケートやサーベイの結果から得られた内容を参考に、社員がどのような働き方を会社に求めているのか、会社が社員へ期待するパフォーマンスと照らし合わせ理想の働き方を検討しましょう。オフィスデザインの設計において、コンセプトを明確にできないと統一感のないデザインになるため、慎重に進めたいポイントです。

コーポレートカラーを採用する

企業が定めるコーポレートカラーをオフィスデザインに取り入れることもおすすめです。コーポレートカラーを採用することで、企業のブランドを印象付けることや、従業員の帰属意識の向上に期待できるでしょう。

ゾーニング計画を立てる

ゾーニングとは、オフィス内の空間スペースを機能や目的別の用途に区別し、スペースごとの機能や目的の関連性、セキュリティレベルに合わせてオフィスレイアウトを決める一連の作業を指します。ゾーニング計画を立てることで、連携の多い部署同士を近い位置に配置することや、ミーティングスペースの配置場所といった、現状のワークスペースの課題解消に期待ができます。

ゾーニング計画についてはこちらの記事でも紹介しています。

オフィスデザインの最新トレンドとは?

最新のオフィスデザインには、現代に合わせた働き方やトレンドが反映されています。

ABW、フリーアドレスの導入

ABWとは、社員が働く場所や時間を自ら選ぶことができる働き方のことを指すのに対し、フリーアドレスは社員がオフィスの中で自由に働く場所を選べるオフィス環境のことです。近年では、オフィス内ABWという働き方を導入する会社もあります。現在の働き方を見直すことがオフィスデザインを設計する上で重要なポイントといえるでしょう。

ABWについてはこちらの記事でも紹介しています。

フリーアドレスについてはこちらの記事でも紹介しています。

バイオフィリックデザイン

バイオフィリックデザインとは、オフィスの中に自然や緑の要素を取り入れたデザインのことです。植物や自然の香り、自然素材を取り入れることにより、ストレスの軽減が期待できるため、今後のオフィスデザインのトレンドとしても注目されています。

オフィスに植物を取り入れるメリットについては、こちらの記事でも紹介しています。

https://socialinterior.com/column/green-2

セキュリティと安全性には配慮しましょう

オフィスデザインを考える際は、セキュリティへの配慮が不可欠です。それぞれのワークスペースやエリアに必要なセキュリティレベルを考慮し、ゾーニング計画へ反映しましょう。また、火災や地震など、突然の自然災害に備えることを目的に安全性を考慮することも重要な要素となります。

おしゃれなオフィスデザインの事例5つを紹介

インターネット株式会社様

全ての空間が見渡せる開放的な設計で、仕事場とコミュニケーションスペースが同じ空間にあります。内装もおしゃれにすることで、従業員全員がリラックスしたコミュニケーションを取りやすいオフィスデザインです。

株式会社アットオフィス様

https://socialinterior.com/cases/059

ABWを採用し、作業の内容や目的に合わせたスペースを用意。執務エリアのデスクをカフェ風に配置して、落ち着いた雰囲気の内装で快適な空間を構築するなど、社内外の満足度を高めてコミュニケーションを促進するレイアウトです。

株式会社フォルテ様

https://socialinterior.com/cases/038

サブスク家具も利用しながら、キッチンを設けてカフェのようなスペースを構築。自然と人が集まって交流が生まれる、コミュニティの拠点となるようなオフィスデザインです。

株式会社リアルゲイト様

https://socialinterior.com/cases/035

​​オフィスとしても住居としても利用できるように、落ち着いた空間から遊び場、屋外の共有ラウンジまで、働く場所を自由に選択できる環境を用意。ただ働く場だけではない価値を生み出すオフィスデザインです。

株式会社Sun Asterisk様

https://socialinterior.com/cases/060

社内デザイナーがデザインした壁面イラストや、会社のイメージカラーである赤を基調とした内装など、会社のブランド・コンセプトを意識したレイアウト。バーやイベントスペースも設置し、ブランドを意識しながら社内外でのコミュニケーションができるオフィスデザインです。

オフィスデザインについてはこちらの記事でも紹介しています。

https://socialinterior.com/column/22-stylishoffice

オフィスデザインなら「ソーシャルインテリア」にお任せください!

オフィスデザインにこだわることは、従業員の満足度や生産性の向上、企業のブランディングなど多くのメリットがあるため、積極的にオフィス改善に取り組んでみましょう。自社に最適なオフィスを設計を目指している方は、オフィス空間をトータルサポートするソーシャルインテリアにぜひご相談ください。Webから簡単に見積りを依頼いただけます。